[金属プレス・金属加工・金型の設計・製作・整備・その他]
プレス機械に製品の原型となる金型を取り付けて、曲げたり絞ったり、金属板を打ち抜いたりと金属製品製造に必要な圧力を加え、様々な形に加工をします。金属プレス加工は生産性がとても高く、大きいものでは自動車のドアパネル、小さいものでは腕時計やカメラ・携帯電話などの精密な機器の部品まで、幅広い製品や部品の加工に利用されています。
金属プレス加工に使用される原材料には、製品の使用目的や機能に応じて多様な金属(鉄、アルミ、ステンレス等)が用意されています。単発プレス加工、順送プレス加工、ロボット搬送プレス加工、サーボプレス加工などにより、高精度で高品質の金属プレス加工を実現しております。
深絞り加工とは、薄い金属の板をパンチやダイスしわ押さえなどによって、底のある継ぎ目のない容器を成形する加工法です。曲げ、圧縮、伸びなどの変形を伴うので金属プレス加工の中では最も難しい加工法とも言われています。特に通常の絞りでは板厚減少により破れてしまうような過酷な形状でも、サーボプレスを使用して生産可能です。

卓越した技術や市場占有率が高い製品を保有するとともに、他の模範となる活動を実践している企業として認証を受けました。

     
     
金属プレスで必要なことは知識だけでなく経験がさらに物を言う世界です。金型の微妙な癖を見極め、形のない「素材」に「形」をあたえ想いを吹き込む「創造」が私たちの使命であると肝に銘じ、より精度の高い製品を作るよう一生懸命頑張っています。
自動車部品や建築部品などをはじめ、物流製品や住宅のエクステリアまで幅広い金属プレス加工が可能です。様々な加工技術はもちろん造り込みの為の、改善技術も得意な点が当社の売りです。
Copyright 2010 kawasaki-seikosho co.ltd, All Rights Reserved
〒321-0202 栃木県下都賀郡壬生町おもちゃのまち5-3-11
資料請求