[金属プレス・金属加工・金型の設計・製作・整備・その他]

溶接とは2つ以上の部材を結合・一体化させる作業です。接着との異なる点は、母材を物理的に溶かし、接合箇所が分子レベルで連続性をもつのが溶接の特徴です。
溶接は材料や工数を少なくでき経済的であり、継手の強さを母材の強さと同程度にでき、ほとんど無制限の厚さの接合が可能である、などの長所があります。しかし、変形や継手内部にストレスが生じて機械的性質が悪くなる、母材の性質が溶接時の熱の影響により変化するなどの短所もあります。

鉄系・ステンレス系薄板や丸棒の融接に対応するために溶接ロボット一機台に対し協調動作用の外部軸ステーション二機をパッケージ化し、最適な溶接姿勢の施工をすることにより品質の安定化、作業の効率化を図っております。

標準抵抗溶接機に部品別専用治具を取り付けることによりスポット溶接、プロジェクション溶接を行っております。

溶接は、金属と金属を溶着させる単純な仕事のようですが、確実に溶着させ、いかに溶接部位を綺麗に見せるかなど、自分の努力と技術次第で、どこまでも高いレベルを目指すことができます。お客様の信頼につながるような、そんな製品が作れるように、日々頑張っています。

スポット溶接機に自動搬送システムを搭載し、溶接の自動化により、品質の安定化、溶接作業の効率化を図り低コスト化を実現しております。
スポット溶接機、プロジェクション溶接機とツールチェンジャー機構を持ったハンドリングロボットを組合せ完全自動溶接を実現すると共に、ナット欠品検査機能を組み込んだ全数保証の可能なシステムにより生産をしております。
標準抵抗溶接機にマニュアル治具を使用して多品種・少量生産に対応
Copyright 2010 kawasaki-seikosho co.ltd, All Rights Reserved
〒321-0202 栃木県下都賀郡壬生町おもちゃのまち5-3-11
資料請求